容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

金融水素爆弾が、日本をGDP1位にする。

  1. 2009/04/30(木) 21:30:19|
  2. 金融危機|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

米国の国家破綻は、概ね3〜4年後に現実化します。

しかしもうすでに財政破綻同様の状態に瀕しています。
今後通貨ドル(USD)が、1ドル80円、70円、60円 . .
と下落していくのが確実だからです。

専門家の中には、2年後、ついに米国がドルの切り下げ宣言
を実施するとまで予告しています。

その主な理由が金融危機であることについては、もはや述べ
るまでもありません。
しかし経済的以外の理由で重要な観点が潜んでいるわけです。
それは、

戦後最大の対米援助国家である日本が、今年の総選挙で
民主党が自民党に代わって政権を取るからです。


言いかえれば自民党が敗北するということ。
米国のために、50数年間自国民を犠牲にしてまで米国に金
を援助してきたのが、いよいよ出来なくなるからです。

よく日本は過去10年間、殆ど経済が成長していない・・
という政治家や評論家が話していますが、これは嘘です。

ズバリ “ ドルベースで全く増えていない ” が正解です。


日本は戦後最長の景気回復を2002年から07年まで続い
ていました。
その間、ゼロ成長やマイナス成長を一時的に経験してきまし
たが、小幅ながら確実に経済を上向かせていったのです。

その間、徐々に円安にブレていったことは承知の通りです。
つまり、円ベースでは伸びているのに、ドル高のため、世界
指標としてGDPが伸びていない
. . . という単純な見方に
過ぎなかったわけです。

その証拠に、日本の07年GDPは、4.4兆ドル。
しかしその後の円高で、08年には、5.8兆ドル。


自然〜に伸びてしまったのです。
単なる数字のマジックに過ぎない・・と思われるでしょうが、
日本経済の実力から考えても、今までの円が過小評価されて
いたことは100%疑う余地のないことです。
世界中の金融機関や評論家、エコノミストが異口同音です。

これからはめでたくドルが大暴落を起こしますから、反対に
米国は自然とGDPが衰退していきます。(成長率も)
ドルが60円になると日米は肩を並べ、その後は日本経済が
歴史上初のトップに躍り出るわけです。

個人的な予想では、1年後くらいには60円になります。
残念ながら今年中は難しそうな感じですが。。


 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者
  http://www.citialliance.net/ http://www.hillser.com/
   ♪JPドメイン出品中! 〜 http://www.2009.jp/ 〜

【 嫌韓流4 】 まもなく発売開始!

  1. 2009/04/29(水) 01:10:13|
  2. その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

「嫌韓流」シリーズ出版社の晋遊舎によると、今月30日の発売
を控え一部の内容を紹介しました。

これによると「嫌韓流4」は日韓歴史問題の他に、在日韓国人や
韓国国内の性犯罪などを詳細に扱っているようです。

在日については、「日本を侵略して永久居住できる特権を得た」
という方向で描写し、 韓国で社会問題化する性犯罪については、
「強姦民族、哀しき属国史」と表現した模様。

また韓国が、剣道・柔道・寿司など、世界的日本文化をパクッた
とも記述しています。
以下、目次を転載させていただきます。


◇ 第1話「在日韓国人の“日本侵略”」
在日の“日本乗っ取り”はすでに最終段階

◇ 第2話「強制連行神話の最期」
「特権」と「金」を引き出す詐欺の小道具

◇ 第3話「“朝鮮進駐軍”と日本戦後史」
日本中で暴れ回った“戦勝国民”朝鮮人の大罪

◇ 第4話「コリア・タウンと在日利権」
在日集落の現在と不法占拠問題

◇ 第5話「永遠に日本に居座る在日」
「特別永住資格」という「在日特権」

◇ 第6話「暴かれた『在日特権』」
特権待遇を詐取する自称“聖なる被害者”

◇ 第7話「外国人参政権と人権擁護法」
日本を滅ぼす「政治介入」と「言論弾圧」の武器

◇ 第8話「“性犯罪大国”韓国」
“強姦民族”の起源と哀しき属国史

◇ 第9話「日本人が知らない世界の嫌韓流」
“醜い韓国人”を蔓延らせた日本の罪と責任

◇ 第10話「在日全員送還への道」
「在日問題」の最終的解決とは

◇ エピローグ「それでも友好を求めて」

◇ 特別編1「『織原城二』VS『嫌韓流』裁判」
法廷闘争全記録――地裁の巻

◇ 特別編2「『織原城二』VS『嫌韓流』裁判」
法廷闘争全記録――高裁の巻
 他。。。

「嫌韓流」シリーズの著者・山野氏は今回自身のブログでも、

在日韓国人は日本に帰化した後も特権を得ようとしている。。

在日特権の断面は深刻な水準. .といった考えを表しました。

次回は両国の経済的分野についても暴いて欲しいと思います。


 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者

世界的茶番 米銀のストレステスト

  1. 2009/04/28(火) 20:41:49|
  2. 金融危機|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

米国の1000億ドル規模の大手銀行を対象に、現在ストレステ
スト(健全性審査)というのが実施されている。

米国政府は審査対象の銀行に対し、なぜか結果を開示しないよう
に要請していて、個人や機関投資家への情報提供に消極的な姿勢
を示しているのです。
このことについて国民や業界から批判的な見方が噴出しています。

一体、このストレステストとは何ぞや・・・?

わかりやすく言えば、
“ 自社が、金融市場での不測の事態が生じた場合などを想定し
たシミュレーションを事前にやっておくテスト ”

ということのようですが、何となく胡散臭い感じがします。
いまいちベールに包まれた秘密のテストといったものでしょう。

さらにこのストレステストは、
外部の第3者機関が調査することはありません

あくまでも自社が自社のテストを調査するというものです


ハッキリ言って、唖然・呆然するものです。
開いた口が塞がらない とはこのことでしょう。

自社の金融資産や債務状況を自身が調査して、誰が本気で正直な
報告をするというのでしょうか?
例えば、

“ 自社のバランスシートを綿密にチェックした結果、今後も存続
を続けていくために、5000億ドル程度の援助が必要という結
果になりました。政府殿、どうかよろしくお願いいたします。 ”

こういうふうにバカ正直に申告する金融機関が現れるだろうか?

ハッキリいって単なる時間的先延ばしに過ぎないということだ。
最初に記載した通り、政府自体がディスクロージャーをするな
と言っているのである。


ストレステストの情報開示日は、5月4日。
もう今の時期、欧米の投資家は騙されることはない。
いくら楽観的な結果をもっても、一定の株価下落と円高は避けら
れない運命にあるといえます。


 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者

世界的茶番 英米国債のトリプルA

  1. 2009/04/27(月) 20:50:28|
  2. 金融危機|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

英国経済が今年1−3月(第四半期)に、1979年以来最大の
マイナス成長となったと発表しました。
30年ぶりの下落幅です。

英国債市場では2年債相場が上昇し、週間ベースでは2月以来で
最大の上げ相場となったからです。
そしてムーディーズは、英国が今回の大幅な財政悪化によって、
「Aaa」の格付けを失うリスクを指摘したようです。
(インチキ格付け会社がいまさら何を偉そうに. . . )

30年ほど前・・・、私は年齢的に覚えていませんが、英国はこ
のころIMF管理に敷かれていました。
1976年、英国は第2次世界大戦以降、西ヨーロッパでは初め
てIMFから緊急融資を受けたのです。
まさに断腸の決断だったに違いありません。

英国も今回の金融危機で当時の状況と似ているというわけです。
私が言いたいのは、金融危機が起こった前後ならまだしも、
今なお英米国債の信用格付けが、トリプルAということ


まさに両国の政治的覇権の思惑が続いています。
歴史的に経済的制覇を達成したエゴが働いているからでしょう。


しかし世界中の専門家や会社は、もう見かけだけの評価であるこ
とは、重々承知しています。(英米自身も含め)
将来的思考からみても、ダブルAどころかシングルAも維持でき
そうにありません。

とてもこんな国債は誰も買う気にはなれません。
莫大な公的資金注入で、両国の国債増発は避けられませんから、
信用度はガタ落ちになります。
まさに現在の両国における通貨事情と同じです。

英国は保有している金貨を売り払ってしまい、2年以内にも再度
IMFのお世話になりそうです。
米国は3〜4年後と予想します。



 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者

今回の金融危機が起きた具体的な理由。

  1. 2009/04/26(日) 20:05:30|
  2. 金融危機|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2007年8月に起きた 「サブプライム問題」 から拡大した今
回の世界的金融危機。
ご存じのとおり、海の向こうのアングロサクソン民族が、いい加
減な証券を複雑に混ぜ合わせ、自国だけでなく世界中にバラ撒い
たこと
が、そもそもの因果関係になりました。

しかし世界中の金融専門新聞(フィナンシャル・タイムスなど)は、
すでに2004年ころから、この金融危機を警告する記事が度々
掲載されていた模様です。

しかし一般のメディアでは、そのような警戒感の記事はほとんど
なく、いつもTVに出てくる(証券)アナリストの分析も、
“ 欧米の金融や経済は好調が続く ” というものばかりでした。

どんなに少なくとも、TVや新聞に出てくるアナリストは新人で
はありませんし、間抜けでもありません。
なぜ世界的有名な専門メディアの警告を正直に伝えなかったので
しょうか?
考えられる最大の理由は、、、

アナリストの多くは金融機関(銀行や証券会社)の現役従業員で
あり、儲けが減るような予測をしたがらなかった。。。


考えてみれば、超単純なのです。
庶民に対しては危機の発端などについて、難しい話や討論ばかり
行っていますが、こういう単純な発想は普段なかなか生まれない
し、しようともしません。

それでは題名の通り、今回の金融危機が始まった理由は?

ズバリ言いましょう。
世の中、株の手数料ではまったく儲からなくなったからです。


すでに数年前から証券会社が株の売買で得る売買手数料が、顧客
獲得の競争で、どんどん値下げを余儀なくされました。
それでトリプルAを与えたインチキ格付け会社と組んで、こうい
ったインチキ商品が当然のこと生まれてしまったわけです。


 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者

巨大銀行破綻より恐怖、米国地銀の破綻。

  1. 2009/04/25(土) 14:28:03|
  2. 金融危機|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

米国政府は今月17日、地方銀行2行の業務停止を発表しまし
た。
これで米銀の破たんは今年に入って25行となり、4か月も経
たずに、08年の破綻件数に並んだといいます。

ベアスターンズやリーマンのような巨大金融機関ではないから
あまり問題視する必要がないのでは・・・ という考え方を持
っている人も多い。
しかしそれは大きな間違いだ。 なぜなら、

地方銀行といった小規模銀行ほど、信用の高い人の住宅ローン
を扱っているからです。


巨大金融機関は莫大な資産と信用を背景に、主にサブプライム
を中心に扱ってきました。
一方で地方銀行は信用度が低いローンを扱うことができず、
むしろ、「オルトA」や「ジャンボ」「プライム」といった、
一段も二段も信用が高い(!?)中間層の債券を多く持っているか
らです。

しかし・・・、それもサブプライムと同じ地獄の道へ。。

去年7月に「オルトA」を中心に扱ってきたインディマックが
破綻したことは記憶に新しい。

さらに信用度が大きいといわれる「プライム」の焦げ付きも
どんどん増えているのです。
そして今は、桁違いに大きい商業(オフィス)用不動産の下落も
悪化の一途です


これが私の言う、“ 米国は3〜4年後に発展途上国に転落 ”
というまぎれもない理屈です。


 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者

全く報道されなかった ダライ・ラマの来日

  1. 2009/04/25(土) 00:57:16|
  2. 国際情勢|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

21日に一時的に来日した、チベット仏教の最高指導者、
ダライ・ラマ14世は22日、千葉県成田市内のホテルで記者会
見し、中国によるチベット弾圧について、

「中国は昨年夏の北京五輪の際には弾圧姿勢を緩和してきたが、
その後は再び強硬になり、今は逆戻りしてしまった」と指摘。
さらに「中国は大国だが、子供のような行動をする」と痛烈に批
判した模様です。

中国は昨年の北京五輪開催前、チベットが僻地であることを理由
に、海外のメディアを完全シャットアウトしました。
そして全ての責任をチベット人やダライ・ラマに押し付け、一方
的な人民戦争を宣言したわけです。

中国共産党がいかに非常識で傍若無人な政治体質なのかは、もう
言うまでもありません。

しかし今回、私がこのブログで言いたいのは、一時的とはいえ、
ダライ・ラマの訪日会見についてテレビが全く報道しなかった
ということなんです。

フラッシュニュースさえも出さなかった。。

間違いなく政治的な裏工作がはたらいているんです。


以前のブログにも記載しましたが、今の自民党の政治家には、
何人もの 「中国びいき」 が存在しています。
こういった売国人たちがメディアをコントロールしているわけな
んですね。

ちなみに中川秀直元自民党幹事長は、日本経済新聞出身。
小池百合子は日テレやテレビ東京。
石原伸晃も日テレ. . . だったかな。

後者の2人は比較的新人類の仲間ですが、昔からの古い体質が
未だに横行しているのが自民党です。
現在の与党では庶民が目指す真のグローバル国家に、今一歩足
りることができません。


 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者

中国人は、「管理」より「倫理」が必要。

  1. 2009/04/25(土) 00:55:43|
  2. アジア|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

中国の海南省で今月19日まで開かれていたアジア政財界の要人
らによる国際フォーラムで、香港出身のカンフー映画スター、
ジャッキー・チェンさんが、「中国人には管理が必要だ」などと
発言したことにつき、会場からは笑い声や拍手が湧いたという。

一方インターネット上では
「香港の恥だ!」「発言は自由だが自らの無知を晒しただけ!」
などという批判が噴き出したようだ。 さらに、

「テレビは日本製を買う、中国製は爆発するかもしれない。」

というおまけ付き発言まで。。
世界的な映画スターだけに、一般的中国人のプライドがガタガタ
にされただろう。
アジアの要人を招いた会議だけに、当の共産党政治家も困惑して
いるはずだ。

インターネットの書き込みには、
“ 中国人なら中国製を買え! ” という批判まで。

そもそもこれほどの大スターに対して、粗悪品の中国製品を勧め
る理由なんてあるのか. .?


しかしずっと以前に作られた中国製の古いテレビならまだしも、
今の時代の中国産テレビが爆発するなんてことは、まずない

それはなぜか. . ?

最大の理由は、テレビを含めた家電製品のほぼ全部が、
中身のICチップや技術を日本製に頼っているからだ。

これは韓国製や台湾製も同じ。

少しでもいい加減なモノを作るメーカーや国が、あれだけ沢山の
輸出をし、あれだけ膨大な貿易黒字を稼ぐことはできないのだ。

それでも現在55歳のジャッキー・チェンさんには、ひと昔のよ
うに、中国製品は危険だという先入観がまだ残っているようだ。
しかし大都市以外の地方で流通する中国製品については、今でも
強ちウソではないかもしれない。

最後にもうひとつ。
批判的な書き込みをした一般の中国人は、それなりの都市に住ん
でいるだろう。内陸部の貧しい場所でインターネットができるわ
けない。こういった人は間違いなく中国製品を買わない。


 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者

現在インドビザはインド大使館で取れない。

  1. 2009/04/25(土) 00:54:27|
  2. その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今年は円高や燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の値下げで
、久し振りに海外旅行者が増えることになりそうです。

私はゴールデンウィーク明けの5月に、約4年ぶりのインド旅
行を計画しています。

そこでまずはビザの取得から準備することに。
日本人のインド旅行には短期の観光といえども、ビザ(査証)を
事前に取得しておかなければなりません。

某旅行業者のサイトから申請書をダウンロードし、記入例を見
ながら自筆で記載していきました。
そして今日、その申請書とパスポート・写真を持って、東京麹
町のインド大使館に行きました。

ところがそこで、一瞬ガーンと頭を撃たれた気分に. . . 。


ナンと、インドビザの申請場所だけが移転されていたんです。
場所は池袋に近い、文京区の茗荷谷駅近くになっていました。
2007年11月から申請場所が変わっていたのです。

私はフライトや宿泊の予約を早く済ませたい為、今日中には申
請したいと希望していた為、急いでその場所に向かいました。
そして小雨の降る中、地図を確認しながら、なんとか閉店前に
到着しました。
インドビザ申請場所は以下のサイトになります。 
http://hef-club.main.jp/visa.htm
※ 注意:申請手数料も1200円ではありません。


カウンターには、日本語堪能なインド人の中年女性が親切に
対応してくれました。
しかしビザの受領は明後日ということに。。

今後個人でインド旅行を予定されてる方、くれぐれも申請場所
には気をつけてください。インド大使館ではありませんので。


 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者

1400兆円が全く消費に回らない理由(2)

  1. 2009/04/24(金) 00:24:34|
  2. 政治・経済|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

年金で生活をしている高齢者は、国内の景気云々については関係
ない話かもしれません。
主に自宅でテレビや新聞といったマスメディア報道に囲まれて生
活しているわけです。

このことが最大の要因でもあり、大問題だと思っています。
メディアが悲観論や恐怖心ばっかり煽っているのです。


不況時には、困っている会社経営者や失業者、ホームレスばかり
取り上げているのが現状です。
一方好況時でさえも、不況の現場をアラ探しし、それでも貧乏な
人がいるんだ・・・ といった報道を強めているんです。

今の金融危機が一番いい例です。
日本以上に不況に苦しんでいる欧米や新興国の映像が少なく、
外国のセンセーショナルな話題をお茶の間に提供していません。

海外のことは、内政干渉だ・・、余計なお世話だ・・、 という
考え方もありますが、一方で自国民を必要以上に不安を陥れてい
るような感じです。

「1400兆円が全く消費に回らない理由」。
最大の要因は、まさに今のテレビや新聞といったマスコミです


現在の日本は成熟しているから消費が伸びないのだ. . .
という報道はよく伝えているのですが、いくら高齢者とはいえ、
もうこれ以上、“ 欲しいものがない ” は本当なのか?


高齢になると、食欲や性欲は減衰しますが、知識欲や消費欲のほ
うは絶対に失うことはない


子供や孫を愛しているのなら、某税金が発生する前に、最後の
大きな買い物を差し上げて欲しいというのが私の意見でもありま
す。

何度も何度も言いますが、メディアに直接振り回されてはなりま
せん。自分自身の頭で考えて、自分自身や家族を守ってあげてく
ださい。


 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者

DTIブログって?

次のページ