容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

【 祝 優勝 】 なでしこジャパン! 2011FIFA女子W杯

  1. 2011/07/19(火) 19:19:21|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

サッカー日本女子代表 「なでしこジャパン」 が、見事男子より一足先
にW杯を制した。
この場を借りて、おめでとう!! と申し上げたい。

女子サッカーもこれまでは苦難の連続だった。
前回2007年の中国大会ではグループリーグ敗退。
1999年、2003年も決勝ト−ナメントまで登れなかった。

しかし2005年に 「なでしこジャパン」 という愛称が決まり、その後は
世界ランキングも上昇し、急速に実力をつけてきた。
豪州女子代表も 「マチルダス」 という愛称になって、とくにアジア大会
では好成績を残してきている。
今回のW杯ではベスト8で終わったが、去年のAFC女子アジアカップ
では優勝を果たしている。

さて日本男子だが、野球のWBC以外でも頑張ってもらいたいものだ。
女子の野球競技においては、まだ五輪では認められていないが、すで
にソフトボールでは日本が北京五輪で優勝している。
そしてカナダで同時に行われたソフトボールの国際大会では、またして
も日本が決勝で米国を7−0で撃破。
上野投手がベスト投手賞、決勝戦で本塁打を放った山本選手がMVP
を受賞した。

しかし五輪では、野球にしてもソフトボールにしても、2012年開催国の
ロンドン大会、2016年のリオデジャネイロ大会では外されることが決
まっている。
女子野球の五輪正式種目の可能性については2020年からが有力。
2016年大会で申請するというが、上記のとおり野球不毛国での開催
となるからたぶん難しいだろう。

ところでサッカーや野球ではないが、8年後の2019年にはラグビーの
W杯が日本で開催される。

アジアでは初の開催国となる。
欧州やオセアニア、前回優勝の南アフリカという競合国が一同に終結
するが、ここでは地元日本の活躍を期待したい。
がんばれ日本!!


 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

東京五輪 石原知事は2020年の夏季開催に向けて始動か

  1. 2011/05/24(火) 20:02:35|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

スイス ローザンヌに本部がある国際オリンピック委員会(IOC)は5月23日、
2020年夏季五輪の開催都市について、世界からの立候補申請受け付けを
開始したと発表した。
立候補の締切りは今年9月1日で、開催地決定は2年後の2013年9月7日
にアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれるIOC総会で決まるという。

2016年には東京も名乗りを上げたのだが、惜しくもコペンハーゲン総会で、
リオデジャネイロに敗れてしまったのは記憶に新しい。
日本は当時の鳩山前首相が日帰りで応援に駆け付けたが、政権交代直後と
もあって、十分な時間がかけられなかったのだろう。

しかしリオの五輪開催については妥当だったという意見も多い。
2014年のサッカーW杯が決まっていたことや、治安面での不安も根強く残
っていたのだが、何といっても南アメリカで最初の開催や、決定されるまで
過去2度の招致に失敗していたこともあり、これがIOC理事の心を動かした
という要素があったと思える。
一方で東京はといえば、初の立候補であった。

さて2020年の夏季五輪であるが、結論からいえば再度立候補するものと
思われる。
その理由は3つある。
まず2016年の五輪を積極的に招致した石原知事が、今年の都知事選挙
でも再選されたことだ。
だから今回も招致しないはずがない。

2点目は、大陸別から考えていけば今度はアジアが有利になるという点
2016年の東京招致は、大陸別という要因で負けた可能性もある。
まず2008年で北京五輪が開催された。
そして次の2012年は欧州のロンドンで開催。
だからまたすぐにアジアに戻って来ることは考えにくかった。
そういった意味では、少なくとも南北アメリカの都市が有力だったのだ。
つまり2020年は今度こそアジアに戻って来る可能性が高い。

そして3点目であるが、もしかしたらこれは、筆者でしか知り得ないことかも
知れない。
当たり前のことであるが、オリンピックが正式に決定された後だけではなく、
決定前の段階であっても自分たちの都市を紹介するため、世界中に向けて
ウェブサイト(ホームページ)を開設する。
実は2016年の東京五輪で使われる予定だった、ウェブサイトのアドレス
「TOKYO2016.JP」
は、筆者が保持していたのです。
コレ本当です。

私は2009年の開催決定前、そのサイト運営社の依頼で譲渡したのです。
結果的に開催に至らなかったことは残念でした。
実はそのサイト運営社が今度の2020年アドレス 「TOKYO2020.JP」
について、現在ちゃんと保有しているのです。
サイト運営会社についてはここでは紹介できませんが、Whoisのデータ
ベースで誰でも確認できます。
一目瞭然です。 東京都から直接依頼されている大会社の系列です。
担当者の個人名(苗字だけ)も変わっていませんでした。
ですから、いつでも立候補してください!! いつでも開設できます!!
といった姿勢でしょう。

オリンピックの開催は、自分たちの国であれば応援は当然です。
反対する人の理由は、
“ なぜ成熟な国でやる必要があるのか ” とか “ 少子化の時代になぜ ”
といった意見が多い。
それなら日本と同じ成熟な国では、今後も立候補しないのでしょうか?
また少子化についても昔ほどではないが、今では子供は全然いないのか?
と逆に反論したい。
ハッキリ言って、筆者も前回の東京五輪では生まれていなかった。
いい大人であっても、自国での開催を見てみたいのは当然の気持ちだ。
素直な気持ちで。


 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

大相撲 八百長 疑惑は小結・関脇・大関・そして横綱白鵬に向かう

  1. 2011/02/06(日) 01:27:20|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

財団法人 日本相撲協会は、力士14人が携帯電話のメールを利用
した八百長行為に関与した疑いについて、現在も調査している。
先日のブログで投稿したが、ここまで早く膿がでてきたことについ
て、筆者自身驚いている。

八百長行為の疑いは過去数十年にわたって指摘されてきたのだが、
今回の調査で事実が最終的に確認されれば、初めてこの違法行為
が立証されることになるのだ。
角界では去年60人を超える力士が、野球賭博を行っていたことを
認めたばかりだった。

しかし今回だけは相撲の存在意義が問われ、ファン離れが起きるだ
ろう。
サッカーや野球といった、他のスポーツに若いファンが魅了される中、
相撲人気は下降線をたどることになる。
相撲ファンの平均年齢は50歳をゆうに超えているといわれる。
元横綱の朝青龍が引退し、もはや若貴兄弟もいない。
今では当時ほど若者のファンがいないと思われる。

元小結の板井圭介氏は11年前に日本外国特派員協会で、相撲界
では八百長行為は普通に行われている、と述べた。
週刊誌やスポーツ紙はたびたび、八百長を指摘してきたが、完全に
証明されたものはないことから、なんとなく見過ごされてきた。
しかし今回は、携帯電話によるメールから証拠が出てきたこともあり、
とても隠し通せるものではない。

3年前某雑誌が、元横綱朝青龍が場所での優勝を目的に対戦相手
にカネを支払っていたとの記事を連載し、世間の注目を集めた。
いうまでもなく朝青龍はこれを全面否定。
協会は八百長に関わったとされる力士全員に事情聴取したが、全員
が関与を否定したのだ。

ある意味で八百長行為は横綱ほどやりやすい
対戦相手に一回につき数十万円の賄賂を15場所続けて渡しても、
最終的に幕の内優勝賞金は1000万円ももらえる。
もちろん毎日勝つことによって、軽く数十万円が手に入る。
実にたやすいことである。
今後は賞金を出すスポンサーは、イメージの低下を惧れ、相撲との
関係を見直すことになるだろう。
これが公益法人の取り下げとなっていく。

上手投げや下手投げの多い横綱白鵬は、相手にケガを負わせること
なく、土俵上で転がす行為を続ける。
節分の日に、笑顔で豆をまいている場合か!!
真剣勝負でなかった相撲は、毎年6場所行われる格闘競技として、
負の遺産という汚名を被ることになるであろう。


 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

NHK 相撲の八百長疑惑が再浮上!? 横綱白鵬の優勝街道に疑問...

  1. 2011/01/26(水) 20:22:51|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

モンゴル出身の第69代横綱 白鵬の優勝が止まらない。
2011年の初場所も見事14勝1敗の成績で制覇し、優勝回数も
18回に達した。

また優勝回数だけではなく、自己管理が徹底しているのか、横綱
に昇進後、まだ一度も休場したことがない。
今回の初場所終了時点で、歴代2位となる330回連続出場中を
果たしている。
これは歴代1位の北の湖(653回)に次ぐものである。

ところがこの横綱白鵬、優勝した総回数でみれば立派であるが、
ほぼ毎場所、しかもほとんど全勝か1敗で、この1年間優勝できて
いることが何となく怪しく思えてならない。
日本全国の相撲ファンは、“ 横綱だから勝って当たり前 ” といっ
た思いもあるだろうが、筆者としてはあまりにも話が出来過ぎてい
るようにしか思えないのだ。

今回の場所中、3人目のお子さんが誕生したということもあり、
本人自身めでたい場所になったことだろうが、再び相撲の八百長
疑惑が起りそうな気配なのである。
もちろんすぐではないだろうが、遅かれ早かれまたNHKや協会が
再度狙われそうだ。
引退力士などの内部告発もあり得るかもしれない。

不自然な感じがするのは、白鵬が勝ちすぎることだけではない。
他にも2点ほど考えられる。
まず先場所に引き続き、稀勢の里にだけ敗北を喫している。
最近の取り組みだったら記憶に新しいだろう。
2010年の九州場所では2日目に対戦し、場外に押し出されてし
まった。
そして今回の初場所でも、11日目に同力士に敗れている。
これだけではない。
横綱を賭けた2006年9月場所でも初日でやられている。
苦手意識が今でも続いているのだろうか?

2点目は白鵬自身とは関係ないが、他力士が白鵬の勝ちスタイル
を全く勉強していないか、しようとしない点が不思議だ。
勘のいい人は気付いているかもしれないが、白鵬の決まり手は、
「上手投げ」 や 「下手投げ」 がほとんどである

寄り切りや押し出しといった決まり手が異常に少ない

いつも土俵内で相手をゴロンと倒してしまうタイプといっていい。
こういう決まった勝ちスタイルが定着しているのに、今でも対戦す
る力士は同じ技でやられている。
野球やサッカーのように、対戦相手を研究することをしないのか?
いつも土俵内で倒されてしまうのだから、白鵬が仕掛ける前に、
自分が早めにやりかえせばいいではないか?
アマチュアではないのに、こういう発想が無いこと自体不思議だ。

ちなみに稀勢の里は、白鵬を押し出しや寄り切りといった、場外に
もっていくスタイルで勝っている。
こういった点からみて、白鵬の贈賄疑惑が持ち上がりそうだ。
逆にいえば、稀勢の里が横綱からの金銭授受の申し出を断ってい
ることも十分考えられる。
もちろんこれは立派なことである。

とにかく言葉は悪いが、どうしてもそんな考え方にならざるを得な
い。
去年の春に報道された賭博疑惑どころではないだろう。
こういったことが、相撲の八百長疑惑がなかなか払しょくされない
点だといえる。
過去に起こった暴行事件の隠蔽行為といったことを振り返っても、
相撲の性善説はいつから崩れてしまったというのだろう?
冷静に考えれば考えるほど情けなく思える。


 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

NHK 大相撲名古屋場所の中継取り止めの裏に、根深い 「癒着」

  1. 2010/07/11(日) 19:57:28|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

NHK(日本放送協会)は、野球賭博問題に揺れている大相撲名古屋
場所の生中継を取りやめると決めた。
昭和28年のテレビ中継開始以来、史上初となる異常事態だ。
同局にこういった異例の決断を下させたのは、日本相撲協会の常識
と一般常識との差、そして視聴者からの根強い中継反対論だったと
いう。

NHKには名古屋場所の開催と中継について、約1万2600件もの
意見や問い合わせが殺到したらしい。
このうち68%が今場所の中継に反対していたという。

NHKに対しては身内への不満も日頃から受けていた。
紅白歌合戦制作費の流用問題や、インサイダー事件などで常識を問
われた過去を持つからだ。
今回の件で、7年前に起こった受信料不払いの再発にも繋がりかね
ない問題だ。
しかしこういった経緯から、名古屋場所の生中継中止が、本当に国
民の声を正直に受けとめたのかどうかは疑わしい。


実は先月末までNHKは、予定通り中継の実施に大きく傾いていた。
有識者からなる大相撲協会の特別調査委員会が、名古屋場所開催
の条件として、賭博に関わってきた力士や親方の処分案を勧告した。

しかし最終的に中継の中止に踏み切った理由は、スポンサー
会社の撤退や表彰式の大幅な縮小、さらに観客の減少といった
ことから、無様な姿を生で見せたくないという理由があったと
思われる。

大相撲中継は日本国内だけではなく、世界にも発信される。
今ではオンラインから動画として簡単に流すことができる。
惨めで悲惨な相撲をシャットアウトしたかったのだろう。

NHKと相撲は、お互い切っても切り離せない存在だ。
横綱や大関が外国人で占められて、悔しいといった発想を持ってい
るようでは改革なんてできない。
他国の国技でも同様だが、スポーツの世界に国境なんてないのだ。
サッカーでも野球でも実力が全て。
もちろん八百長や薬物汚染などは絶対にあってならないが、きちん
とチェックをしない体制を続けることも、同じく悪い。
もはや相撲の世界に 「性善説」 なんてない。


 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

五輪スノーボード マスコミが連日、国母選手をバッシングした理由

  1. 2010/02/20(土) 21:23:07|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0


普通に実力を出せば、十分表彰台に上がれる実力を持っていた、
スノーボードの国母和宏選手。
プレッシャーからか、最後のエアで着地に失敗し、無念の8位に
終わってしまった。

その国母選手は服装がだらしないという理由で、記者会見上で
平謝りしたが、JOCは謝罪の気持ちがこもっていないというこ
とから開会式の出場を辞退させたのだ。
このことをメディアは連日のように国母選手をバッシングした。
日本社会は選手の成績より、態度を重要視するのだろうか?
スポーツ全体を相撲と同様に考えているのではないか?
引退した朝青龍だって、何度も優勝を果たし、成績を残したから
横綱まで這いあがったのである。
品格の欠如が最大の問題なら、横綱になれるわけなかったのだ。

とにかくオリンピックにおける選手のプレッシャーは、相当大き
いものになる。
世界選手権やワールドカップ以上の重圧だ。
このことをメディアは知っていないはずがない。
さらにTVに登場する司会者や招待客、JOC関係者なども、
試合前のリラックスが必要であることは重々承知しているはず。
なのになぜ、メダル候補の選手を試合前に痛めつけるのだろう?

その理由はひとえに、視聴率アップのためだ。

些細な不祥事でも事前に大きく報道し、ライブでの中継を少しで
も多く関心を持ってもらいたいが為、視聴率を最大限稼ぎたいと
考えているからだ。
本当に悪態だらけしか持たないのがマスコミ各社である。
昔から公共電波を利用しているという自覚や責任感が全くないの
である。 まさに自民党時代からの驕りの業界だといえる。

確かにオリンピックに参加する選手達やコーチ、IOC関係者な
どは国民の税金で出場している。
だから、表彰台とまでは言わないが、ある程度の成績(入賞くらい)
は残すつもりで臨まなければならない。
しかし他国では開会式に入場する際、カメラを頻繁に撮影したり、
整列を乱しながら歩いたりと、思う存分自分勝手に行動している。
なぜ服装が乱れているくらいで批判する必要があるのか?
それも自国の選手を。
国母選手が暴力を振るったり、公序良俗に反しているわけでもな
のだ。 ここは単に誰しも経験する 「若気の至り」 と考えるべき
だろう。
問題の報道や謝罪の記者会見は、試合後でもよかったはずだ。

バンクーバー・オリンピックは半ばまで差しかかり、現在まで、
男子スピードスケートの銀メダル1個と銅メダル1個、そして、
フィギュアスケートの銅メダル1個の、合計3個だけ。
トリノ・オリンピックように、事前予想を下回る惨敗がささやき
始めた。
今回の騒動で、JOCはマスコミ各社に対して一定の抗議を申し
入れるべきだ。
試合前に余計なプレッシャーを与えることは言語道断である。

当のJOCも制服の乱れなどより、選手の勝利を最優先に取り組
むことに努力するべきである。


 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

東京オリンピックの落選、本当に悔しい。

  1. 2009/10/03(土) 21:58:02|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

東京が早々と落選してしまい、いち都民として本当に残念に思っ
ています。
スポーツにはフィールド以外の所でも勝負があるんだな. . . と
つくずく感じました。

しかし見事招致を果たしたリオは、04年と12年にも立候
補して、今回ようやく夢が果たせたということを忘れてはい
けません。
次回の2020年は、大陸別から考えてもアジアに来る可能
性が一番高いと思っています。


今の子供たちのためにも、途中で諦めないで、夢を追い続けるこ
との意味を教えてあげて欲しいと思っています。
是非とも2020年も再挑戦していただきたいと願っています。

最後に私の予想が外れてしまい申し訳ありませんでした。
読者の皆様にお詫び致します。 (_ _)


 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

東京オリンピック 世論の支持率は関係ある?

  1. 2009/09/14(月) 21:39:58|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コペンハーゲンで開かれるIOCの総会が間近に迫った。
7年後の2016年夏季五輪開催地が、いよいよ決定される。
当日は約100人のIOC役員の投票で決まるというものだ。

国際オリンピック委員会(IOC)は9月2日、開催地に立候補し
ている東京など4つの都市の計画についての評価報告書を公表した。
東京は交通基盤などのインフラ面や財政などで高い評価を受けたが、
世論の支持率が4都市中最低の55.5%だったことと、選手村予
定地の狭さなどの懸念材料が指摘され、予想以上に厳しい評価だっ
たという。

一方で、ドイツで定期発刊されている国際スポーツ情報誌によれば、
前日の1日、独自の評価結果を発表した結果、東京が最高位にランク
されたという。
東京は財政面、安全面、宿泊施設、テクノロジーなどで最も評価され
た模様だ。
このドイツのスポーツ情報誌は、直接IOCとは関係ないので、ある
意味で正直に評価している


ここで独自の視点から言わせてもらいたいが、五輪の開催にあたっ
て、世論(国民)の支持率が本当に大きく左右されるのかについては、
少々疑問が湧いてくる。
他の都市と比較して、支持率が桁違いに低いならまだしも、ほんの
10%やそこらで、問題が生じてくるものだろうか?

このブログの読者の皆さんが、仮にIOCの役員だとしたら、世論の
支持率について真剣に考慮するでしょうか?

私なら大きな評価ポイントには当てはまらないと思っている。
あくまでも大きな評価項目は、「地域」 「財政」 「治安」 の3点
だろう。

もし世論の支持率が決定的要素なら、アフリカ諸国や、他のアジア、
さらに他の中南米のほうがずっと大きいはずである。
こういった発展途上国ほど、熱気が盛り上がるからである。
しかし現実的に財政や治安面などで、開催が無理なのは明々白々。

IOCが支持率の低さで、東京をあえて指摘したのは、開催国決定
間近ということで、ちょっとしたカモフラージュを与えたかったの
だろう。
やはり決定権限を持つ世界機関は、当日までハグラカすのだ。


 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

2016五輪 東京が絶対に選ばれる理由。

  1. 2009/04/23(木) 00:40:26|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今回東京で、4日間に渡る現地調査を終えたIOC評価委員会
のムータワキル委員長は19日、東京都内で記者会見し、
「東京からは強い熱意を感じた。大会理念には感銘を受けたし
、計画の質も極めて高かった」と評価しました。

それに付け加えて、「他都市との比較は出来ない」とも話し、
評価内容についても「これから精査する」とも語って、印象以
上の具体的な言及は避けた模様です。

東京で一番印象に残ったのは? との質問には、
「ビジョンについて感銘を受けた。プレゼンの質も高かった」

これでまた一歩、東京が他都市を引き離したな・・。
という感じを強く受けた。

大陸別といった地域的な問題や、経済的、環境的といった要素
から考えて、東京は群を抜いている

以下は個人的な意見だ。(誰しも同じ意見だと思うが..)

・少なくともロンドンの次にマドリードはない。
・2014年にサッカーWCが開かれる2年後にリオはない。
・金融危機を世界中に起こした米国で、すぐ五輪開催はない。
それに13年前、某都市で開かれたばかりである。


ひとつだけ、あまり問題にならない程度の不安要素といえば、
国民からの支持率。
しかしこれも他の都市からみて、大きく外れているわけでは
ない。

また同委員長が最後にやや辛口表現したのも、もともと東京が
一番良い印象を受けているという証拠です。
最有力候補地に対して、最大限のベタ褒めはしないからだ

(というより、どんな悪評価でも一定の高評価を言う)

日本国民の皆さん、次世代の国民や経済活性化のためにも、
暗く、冷めた考え方をせず、是非とも盛大な支持をこれからお
願いしたい。


 ★シティアライアンス 代表兼「ヒルザー・ドットコム」運営者

Tokyo2016.jp ドメインを取得した訳。

  1. 2009/04/19(日) 00:22:53|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
私は個人的に以前から「インターネットの住所」といわれている
ドメインネーム(いわゆる「ドメイン」)について興味を持ってい
ました。

そのことが私が運営しているネットオークションを興した理由で
もあります。

日頃から重要単語などのドメインが取得可能かどうかのチェック
を時間が許すたびに確認していました。
そして2年程前、この汎用JPドメインが偶然空き状態になっていた
のです。

それ以前、別の第3者が当該ドメインを登録し、五輪とは全く関
係ないサイトを公開していたことは知っていました。
そしてしばらく時間が経った後、このドメインが空いていたとい
うわけです。

では、何故私が取得したのか?

この私も、東京都オリンピック招致委員会の関係者ではありませ
ん。 その最大の理由は、

悪意を持った人に取られたくなかったから
 です。

私は2016夏季東京大会を全面的に支持している人間です。
東京都民ではありすが、別に住んでいる地域は関係ありません。
れっきとした日本人です。

インターネットは自由な世界。上記のような汎用JPドメインは、
世界中から誰でも取得できます。

最近では悪質なユーザーが商標登録してあるドメインをいち早く
ゲットして、まったく無関係で迷惑なサイトを公開してしまう事
態が増えてきています

この点について心配していたのです。

それなら私が一旦取得しておいて、東京都がいつか必要だという
連絡があれば交渉していこう. . . という気持ちがありました。

2016年夏季五輪に立候補している 東京。
いよいよ今年の10月に実現する可能性が高くなってきました。

 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

DTIブログって?

次のページ